経理・税務 事務暦        5月7日→6月2日

 多くの企業が決算業務で忙しい時期となり、ミスのないようチェック体制を強化するなど様々な業務が増えてくる時期です。
 短期間で多くの作業を効率良く行えるよう、業務スケジュールの調整に事務暦をお役立てください。

■5月中において都道府県の条例で定める日
 ・自動車税の納付期限(賦課期日 4月1日)
 ・鉱区税の納付期限(賦課期日 4月1日)

■5月12日
 ・4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付期限

■5月15日
 ・特別農業所得者の承認申請期限

■6月2日
 ・個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知期限(通知方法...特別徴収義務者経由、納税義務者へ通知)
 ・3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>の申告期限
 ・3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>の申告期限
 ・法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>の申告期限
 ・9月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>...半期分の申告期限
 ・消費税の年税額が400万円超の6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>の申告期限
 ・消費税の年税額が4,800万円超の2月、3月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(1月決算法人は2か月分、個人事業者は3か月分)
  <消費税・地方消費税>の申告期限
 ・確定申告税額の延納届出に係る延納税額の納付期限

※掲載しているスケジュールが急に変更される場合もありますので、必ずお近くの税務署などにご確認ください。

メールでの無料相談は24時間受付中です。どうぞお気軽にご利用ください。