確定申告を目前!独立をお考えの方は・・・

皆さん、おはようございます。
代表の大谷です。

いよいよ確定申告を目前に控え、個人事業主の方は脳裏に不安がよぎっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

去年から独立されて、今年初めて確定申告をされる方や、これから独立を考えている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、その方に向けて今日はお話します。

先日、独立したいという20代の男性から相談を受けました。
今は有名な企業に勤めています。
親や彼女からは独立を猛反対されているそうです。

私が、なぜ独立したいのかと尋ねると
「サラリーマンで一生を終わりたくないからです」
と答えられました。

そして、次に出た言葉で独立はしないほうがいいと私は思いました。

「ただ、四六時中仕事というのは、気が休まらないので、オンとオフは区別していきたいです」
と彼は言ったのです。

もうすでに独立されている方はおわかりだと思いますが、独立して社長になると、24時間社長業になるのです。

彼に一番確認したかったことは
「24時間社長業やれますか?」
ということです。

テレビを観ているときも、晩酌しているときでも、常に良い商品はないか、スタッフ教育、会社の在り方等について、ずっと考えているのです。

私自身、寝ている間も仕事の夢をみることがよくあります。

もう仕事を仕事と思っていないのです。

仕事も趣味なのです。

「ずっと仕事では気が休まらない」

「四六時中仕事なんてやってられない」

そんな風にしか考えられない人に社長業はできません。

このような考えなら社長にならないほうがいいのです。

オンとオフをきっちりわけて、というのはサラリーマンが言うことで、特に小さな会社の社長はそんなことはできません。

社長になるには、サラリーマンの考え方から社長の考え方に変わらなければいけないのです。

私は、厳しく言っているのではありません。

これが当たり前のことなのです。

独立を考えられている方は、このことを踏まえてもう一度よく考えられてみてください。

メールでの無料相談は24時間受付中です。どうぞお気軽にご利用ください。